水戸市で行われている国体の1日目で大奮闘した長女の所属チームの応援に、昨日に続き駆けつけて来ました。やはり今日の準々決勝からは、国内外で活躍する実力者が揃う都府県ばかりなので、思っていた通り厳しい戦いになり、最終順位は総合8位で終了しました。しかしながら、当初は誰もがベスト8に入れるとは考えていなかったチームが予想に反して表彰台に上がれたのは、仲良し3人娘が懸命に闘い抜いた
事へのご褒美であり、賞状を手にした全員の笑顔を見たときは、2日間に渡り一喜一憂させてくれた3人に有難うの気持ちで胸が熱くなりました。
また娘は高校に入ってから始めたフルーレで、国体に出場出来ただけでも光栄な事ですが、賞状まで頂けるように成長したのは、全ては先生のお陰であり心から感謝しか有りません。そして、エペ、サーブルもとても面白いですが、やはりフルーレが1番難しく、最高に楽しい種目だと改めて感じました。
チームのみんな本当に2日間、大変お疲れ様でした。
一方、表彰式後スターフェンシングのホールに戻り、夕方から練習を
行い、子供達はどの子も元気に練習に励んでいました。そして国体で活躍したお兄さんお姉さん達も、小さな頃からフェンシングを頑張って来た選手が多くいるので、
スターフェンシングの子供も国体選手になれるように、楽しく長く続けて貰えるよう、フェンシングの魅力を多く伝えて行きたいと思います。
子供達も大変良く頑張りました。